2021年10月6日水曜日

仕事におけるコスト・パフォーマンスと最善を尽くすことについて

先日、弁護士の先生と打ち合せをしているときに、その事案におけるコスト&パフォーマンスについての言及がありましたので、自分の考えをまとめる意味でブログ記事にしてみました。

私も、お客様からご相談を受ける際には、ご依頼いただいた場合にかかるコストと、それから得られる成果(パフォーマンス)について説明をすることがあります。

例えば、国際相続の場合であれば、残されている遺産の額と、それを相続する場合にかかるコストを比較し、残されている遺産の額に比して、あまりにもコストがかかってしまう場合は、コストを抑えられる別の手段で何かよい方法がないか模索したり、或いは、放置という選択肢も視野に入れてお考えいただくようにしています。

このような検討をするのは、国際相続のみならず、他の件でも同様です。

一方で、コスト&パフォーマンスは、何をパフォーマンスをみるかは、個人の価値観に大きく依存する部分かと思いますので、それだけで進め方を決めるわけではありません。

コストがかかってもいいから、とにかくすっきりさせたい、とか、故人の気持ちを尊重して・・・など、という場合もあります。コスト&パフォーマンスは、その仕事をどう進めるか、という判断材料の一つなのでしょう。

私としては、コスト&パフォーマンスも重要な判断基準にしていると同時に、それに加えて、(当たり前かもしれませんが)その判断が、最善の選択であるかどうかを常に考えるようにしています。

最善の選択、について。話は少し飛んでしまいますが、私のLINEに配信されていた東洋経済オンラインの記事「なぜか「失敗しても動揺しない人」のスゴイ考え方-人生は「偶然のゲーム」論理的に考えれば想定内-」を読み、「なるほどな」と思うことがありました。↓

https://toyokeizai.net/articles/-/459445

この中に、

どんなに認めたくない結果でも、それはあくまでも想定内です。どのような結果が起きようとも、それが起こったときに次にどうするか、これを事前にいくつも考えておきましょう。あとは予定どおりに淡々と行動するだけです。

とありますが、そのとおりだなと思いました。事前に起きうる結果を全て想定し、それに対して何ができるかを考える。リスクがあるとしたら、そのリスクをどれだけとれるか、というところを考える、ことだけかと思います。そして、それこそが最善の選択につながると感じています。(どうでもいいですが、麻雀といえば、私の中では福本信行先生の『』『アカギ』で。大好きです・・・。※いずれもWikiにリンクしてあります)

同じようなことが、元米国大統領ドナルド・トランプの自伝に書いてあったのを思い出しました。

トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ (ちくま文庫) 文庫 –

悪い結果は、くまなく全て想定しておき、それに備えるのが重要、と書いてあった記憶があります。正直、意外だと思いました。でも、やはり、実はそこが、重要な点なのでしょう。

ビジョナリー・カンパニーZERO、にも最善の策は、様々な討議を尽くした後にでてくると書いてありました。何も反対意見が出てこない場合は、むしろ、それが最善の策なのか疑うべきと。

今日も、ご依頼いただいた皆様に、最善を尽くせるように、お仕事を進めていきたいと思います。よい一日を。

アメリカの相続と日本の相続の違い(1)法定相続人

アメリカの相続と日本の相続の違い(1)法定相続人 法定相続人とは、「法律で決められた相続人」のことです。アメリカにも法定相続人という考え方があります。 大きな違いのひとつとして、日本では甥姪の子供は法定相続人になりませんが、アメリカでは法定相続人の範囲が日本よりも広いことがあげら...