2021年11月13日土曜日

国際相続リスクを忘れないで!

最近、アメリカでの口座開設について調べる機会がありました。

アメリカの市民権を持たない日本国籍の日本人が、日本にいながらにしてアメリカに証券口座を開設できるかどうか、ということです。調べたところ、どうやら、金融機関によっては(→ここ重要です)、可能である、ということのようです。

ある(外国の方の)個人ブログに、アメリカ以外に在住の外国人でも、アメリカの証券会社に口座を開設して、好調な米国株を買い付けよう、というものもありました。

日本の証券会社で米国株取り扱いのある会社に口座を開設して(例えば、マネックス証券やSBI証券等)、米国株を買い付けることもできますが、外国株式ですので、現地で買うよりも手数料がかかります。

それならば、アメリカの証券会社の口座に口座開設して、直接株式を買い付ければいいのでは?という発想になりますね。

確かに、手数料だけみれば、日本の証券会社で買い付けるより有利かもしれません。しかし、外国の証券会社で買い付けた場合には、様々なリスクがあることを忘れないようにしなければなりません。そのひとつが、海外相続のリスクです。

海外に財産を持つ、ということについては、投資の観点からは、分散投資というメリットがあります。しかしながら、同時に、海外資産を保有することに伴うリスクも忘れないようにしなければなりません。

海外相続のリスクは見落とされがちなのですが、事前に備えておかない場合、もしものことが起こった時に、財産を簡単に流動化できずに、残された家族に、金銭的にも期間的にも、相当の負担をかけることになりかねません。

外国に資産を持つときには、この国際相続リスクについても考え、事前に、撤退ライン(生存中に国内に資産移動すること)についてお考えいただくことや、相続の際にどのような手続が必要になるか等、十分にご確認いただくことをおすすめいたします。

(笹山)

■ 海外の相続に関して相談したい


海外の相続に関してお困りの際は、まずは、ご相談で詳細をお聞かせください。海外の弁護士事務所・会計事務所との通信代行、書類翻訳、進め方についての各種コンサルティングが可能です。

※個別の日本の相続税に関するご相談については、税理士をご紹介いたします。


■ ご相談受付 ■


- ご相談受付ページ↓又は以下のメールアドレスからご連絡ください。
- 初回ご相談30分無料
- お問い合わせメールアドレス info■sasayama-jimusho.com
(■の部分を@に変更してご送信ください)

※本ブログのコンテンツの無断利用・転載は禁止されています。無断利用は、発見次第、法的な措置をとらせていただきます。※

国際相続リスクを忘れないで!

最近、アメリカでの口座開設について調べる機会がありました。 アメリカの市民権を持たない日本国籍の日本人が、日本にいながらにしてアメリカに証券口座を開設できるかどうか、ということです。調べたところ、どうやら、金融機関によっては(→ここ重要です)、可能である、ということのようです。 ...