2017年4月10日月曜日

ご挨拶:はじめまして

はじめまして。本日からブログを始めました。ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

こちらのブログでは、当事務所が日々直面している国際相続・海外口座解約の手続のこと、そして、事務所のページでは限りがあってお伝えできない日々の業務のことなどを皆様にお伝えしたいと思っています。

正式なホームページでは、十分にお伝えできない担当者の雰囲気などもお伝えすることによって、安心してご依頼くことも目的としています。そして、少しでも、海外が関係するご相続でお悩みの方の助けになればと願っています。

2012年に行政書士笹山事務所として「横浜国際書類手続センター」という、翻訳証明・認証業務から海外口座解約・国際相続まで広く対応するサイトを設置して以来、毎年たくさんのお客様にお問い合わせ・ご依頼いただくようになりました。翻訳や認証を含め、対応してきたお問い合わせ件数では、のべ件数1000件以上、様々なご相談に対応してまいりました。

当初は、戸籍や登記簿の翻訳証明、領事認証等にも取り組んでいましたが、現在は、特に、お客様のお困り・お悩みが深く、書類作成や各種コレポン業務にまとまった時間が必要となる海外の銀行解約や海外相続などの手続を専門に取り扱っています。

ご家族のために海外の資産を残してお亡くなりになった方、
将来のために、海外に資産を残して日本へ戻ってきた駐在員・研究者の方々、
ご相続人に外国の方がおり、相続の手続きが進まず困っている方、
様々なバックグラウンドをお持ちの方の案件に対応してまいりました。

日本とは異なる法律、文化、言葉を持つ海外とやりとりするのは、非常に骨の折れる作業です。

日本国内で完結すれば、そこまで複雑ではないはずのものが、
海外が関係するばかりに、手続きが煩雑で、時間がかかってしまいます。

書類の翻訳や証明などには専門家の介在が不可欠で、手続きにかかる費用も
国内で完結する案件に比べて、報酬、実費ともに、かなり費用がかさみます。

海外の口座等開設時には、ブローカー等の仲介者が協力してくれていたにも関わらず、
閉鎖となると、「協力ができない、自分でやってほしい」と言われたという方、年月が経ってしまい行方知れずということも多くありました・・・。

特に、海外のご相続のケースでは、ご相続人の方は、身近な方を亡くされた悲しみのなか、まずは目の前の国内の相続の手続きを先に進めることが先決となるのは当たりまえのことでしょうし、そして、手続きについて難しく、専門家も少ない、気が進まない海外の資産については、しばらく放置になることも多いようです。

また、それとは全く逆に、交流が少ない海外の親族がお亡くなりになり、突然相続人という立場であることを、海外からの手紙によって知らされ、その不信感や怖さから、なかなか気が進まなく手続きも進まない、というご相談もお受けいたします。

しかし、数年という単位で時間が経過すると、資産が凍結されて州などに移管されていた、というケースもあります。また、ご高齢だったご相続人がお亡くなりになったなど、状況が変わってしまうこともあります。その場合、当初よりも、半年~数年単位でさらに時間がかかることになります。

このような手続には、是非、当事務所のノウハウを利用していただければと思います。そして、そのようなご資産を、ご自身の人生やご家族・ご友人・社会のために有効活用していただくことを願っています。
ご自身でお手続したい方には、部分的にお手伝いすることも可能です。アドバイスのみの提供も可能です。お客様のご要望に合わせて、柔軟に対応させていただければと思っています。
お困りの際には、是非お問い合わせください。

■ ご相談受付 ■

- ご相談受付ページ↓をご確認いただき、お申込みください。
https://estate.csplg.com/contact
- 初回ご相談30分無料
- お問い合わせメールアドレス info■sasayama-jimusho.com
(■の部分を@に変更してご送信ください)

- 運営事務所 - CS Planning -
「一人一人に最良の解決策を」
- 国際相続専門サイト CS Planning 国際相続

■ 執筆者紹介 ■

笹山千惠子(Chieko Sasayama)
- CS planning(FPオフィス) 代表
ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP)
行政書士 (登録番号 第10091566)
個人情報保護士(2010年合格)
著作権相談員名簿(文化庁等に提出)登載
- 行政書士笹山千惠子のページ↓
http://www.sasayama-jimusho.com/

アメリカの社会保障番号(Social Security Number: SSN)とは

 アメリカの手続に関する書類を作るときに、よく入力を求められるのが、「SSN」です。SSNは、Social Security Number(ソーシャル・セキュリティ・ナンバー:社会保障番号)という9桁の個人を識別する番号です。 SSN、或いは、ITINを記入するように、と求められ...