2018年12月13日木曜日

海外の遺産相続を突然知らされた時の対処法

海外の遺産相続が突然発生したら


最近では、海外の遺産相続の話が、突然わが身に降りかかる事態も無きにしも非ずです。

…自分には関係ないと思っていませんか?しかし、関係ないと思っていたら、(言葉は悪いですが)面倒なことに巻き込まれてしまった!ということもあります。

そして、気が付いたら、あっという間に1年が経過している、ということも珍しくありません。

例えば、こんなケースです。
---
アメリカなど、海外に住んでいる親戚(叔父(伯父)、叔母(伯母))がいることは知っていたが、年に1回くらい連絡すれば良いほうで、普段はほとんどかかわりがなく、親しくはない関係だった。
ある日、その親戚が亡くなったことを、その親戚の友人(外国人)からの国際電話(或いは手紙)で知った。

どうやら、その親戚は遺言を残していたらしく、自分が財産を相続すると指定されていた・・・。

(又は、遺言は残していないが、その親戚には子がおらず、相続人は日本にいる自分の親しかいない・・・。親は高齢なので、その親の子供である自分がコンタクト先となって四苦八苦している、というシナリオも、よくあります。)
---



海外の遺産相続を突然知った時に確認すべき


1.海外の現地で動いてくれるキーパーソンは誰か

相続人として、海外の亡き親戚のもとへ飛行機等ですぐさま出向ける人はよいですが、一般的には、そのような人は少数派といえるでしょう。
その際、海外の現地での手続の進展や、手続自体を進めてくれる人、教えてくれる人の存在が非常に重要になります。
そのような人は誰なのか(親戚のご友人など)、名前、連絡先はしっかり控えておくようにしましょう。可能であれば、電子メールアドレスなど、電話以外にも連絡がとれる連絡先を教えてもらえればベストだと思います。

2.現地の弁護士事務所等の連絡先

通常、海外でお亡くなりなって、ご相続をする場合には、プロベートという裁判所が関与する手続を必要とされることが多いので、弁護士事務所等の法律事務所が相続手続を受任しているはずです。
その弁護士事務所の名前、所在、そして担当者の名前、連絡先(メールアドレス等)を教えてもらいましょう。

3.遺産相続についての関係書類

海外での遺産相続の際に、その相続手続に関係のある書類については、必ず共有してもらうようにしましょう。
例えば、遺言があるのであれば、その遺言全文、遺産目録等です。死亡診断書等もあるのであれば、写しをもらっておきましょう。

4.遺産の内容

遺産にはどのような財産が含まれているのか、プラスの財産だけではなく、負債については存在するのかどうか、確認しましょう。(上記の関係書類の「遺産目録」で確認できるはずです。)

突然発生した海外の遺産相続について相談したい


もし、ご自身では対応することが不安である、時間がないという場合には、是非ご相談ください。海外のキーパーソン・弁護士事務所との通信代行、書類翻訳、進め方についての各種コンサルティングが可能です。海外の方との連絡はご自身で対応するが、その対応についてのアドバイスのみほしいというケースにも対応しております。

■ ご相談受付 ■

- ご相談受付ページ↓をご確認いただき、お申込みください。
https://estate.csplg.com/contact
- 初回ご相談30分無料
- お問い合わせメールアドレス info■sasayama-jimusho.com
(■の部分を@に変更してご送信ください)

- 運営事務所 - CS Planning -
「一人一人に最良の解決策を」
- 国際相続専門サイト CS Planning 国際相続

■ ブログ運営者紹介 ■

笹山千惠子(Chieko Sasayama)
- CS planning(FPオフィス) 代表
ファイナンシャル・プランニング技能士(AFP)
行政書士 (登録番号 第10091566)
個人情報保護士(2010年合格)
著作権相談員名簿(文化庁等に提出)登載
- 行政書士笹山千惠子のページ↓
http://www.sasayama-jimusho.com/


e-signature guarantee:メダリオン署名保証(Medallion Signature Guarantee) の電子付与について調べてみました

e-signature guarantee:電子メダリオン署名保証 (Medallion Signature Guarantee) の電子付与について調べてみました 米国の株式の名義変更の際などに求められるメダリオン署名保証(Medallion Signature Guarant...